2011年

7月

11日

医療費控除

医療費控除とは、医療費を一定額以上支払っている場合に受けることができる所得控除です。この所得控除の対象は本人もしくは同一生計の親族のために支払った医療費が対象となります。控除額は、200万円を限度として次の算式で計算した金額になります。(その年中に支払った医療費が対象となるため、未払分は対象となりません。)

 

医療費控除額=(医療費の支出額-保険金等の補てん額)-(課税所得の5%か10万円のいずれか低い金額)