みなし譲渡

みなし譲渡とは、本来は課税対象外であるのに事業として対価を得て行われた資産の譲渡とみなされるものをいいます。

 

みなし譲渡に該当する事例を紹介します。

 ・個人事業者が、棚卸資産その他の事業用資産を家事のために消費・使用した場合

 ・法人が資産を自社の役員に対して贈与した場合

 

※棚卸資産以外の資産がみなし譲渡された場合、その資産は時価により譲渡したものとみなされます。

※棚卸資産がみなし譲渡された場合、その資産は時価の50%に相当する金額と仕入価格のうち大きい金額により 

  譲渡したものとみなされます。