納期の特例

納期の特例とは、源泉徴収した所得税を半年分まとめて納めることができる特例のことをいいます。この特例を適用しない場合は、給与などを支払った月の翌月10日までに所得税を納付しなければいけません。この特例は給与支給人員が常時9人以下の場合のみ受けることができ、特例を受けた場合、1月から6月までに源泉徴収した所得税は7月10日、7月から12月までに源泉徴収した所得税は翌年1月10日が納付期限になります。

 

※納期の特例を受けている者は、届出によって翌年1月10日の納付期限を1月20日に延長する特例を受けること

   ができます。