累進課税

累進課税とは、課税対象となる所得が多くなればなるほど税率が段階的に高くなる課税方式のことを言います。所得税・相続税・贈与税などに累進課税が適用されています。累進課税には、所得に応じた税負担を求め、所得の格差を抑えるというメリットがありますが、所得が多い人ほどたくさん税金を取られてしまうため、努力が報われず勤労意欲が損なわれるというデメリットも存在します。