2011年

7月

13日

中小企業者等の少額減価償却資産

中小企業者等の少額減価償却資産とは、取得価額が30万円未満である減価償却資産をいいます。
中小企業者等の少額減価償却資産は、事業共用した事業年度において取得価額相当額を損金経理している場合は、その全額が損金算入されます。ただし、その事業年度における取得価額の合計額が300万円を超えるときは、300万円に達するまでの取得価額の合計額を限度とします。中小企業者等の少額減価償却資産は、事業共用していない資産または少額の減価償却資産の損金算入・一括償却資産の損金算入の適用を受けている資産は該当しません。

 

※中小企業者等の少額減価償却資産の損金算入は、青色申告書を提出する中小企業者等のみが適用されます。