少額の減価償却資産

少額の減価償却資産とは、取得価格が10万円未満であるか、使用可能期間が1年未満である減価償却資産をいいます。取得価格が10万円未満であるかどうかの判定は、通常取引される1単位ごとに判定します。使用可能期間が1年未満であるかどうかの判定は、法定耐用年数ではなく、その法人の平均的な使用状況から判定します。

少額の減価償却資産は、事業共用していない資産に対しては該当せず、事業共用した事業年度において取得価格相当額を損金経理している場合は、その全額が損金算入されます。