一括貸倒引当金

一括貸倒引当金とは、通常の貸倒れが見込まれる金銭債権に対して設定される貸倒引当金をいいます。一括評価金銭債権の貸倒れによる損失の見積額として、損金経理により貸倒引当金勘定に繰り入れた金額のうち、一括貸倒引当金繰入限度額を超える金額は損金不算入になります。一括貸倒引当金の繰入限度額の計算方法には、貸倒実績率に基づくものと、法定繰入率に基づくものがありますが、大法人に関しては、貸倒実績率に基づく方法しか認められていません。

 

※一括貸倒引当金の繰入限度額は、下の算式により計算した額になります。

  ・貸倒実績率に基づく方法

   一括評価金銭債権×貸倒実績率

 

  ・法定繰入率に基づく方法

   (一括評価金銭債権-実質的に債権とみられないものの額)×法定繰入率