配当所得

配当所得とは、法人から受ける剰余金の配当・利益の配当・剰余金の分配などによる所得をいいます。収入金額-負債の利子が配当所得の所得金額になります。収入金額は、源泉徴収前の金額です。配当所得は、原則として総合課税ですが上場株式等に係る配当等は申告分離課税を選択でき、特定目的信託の社債的受益権の収益の分配等は源泉分離課税となっています。また、少額配当・上場株式等に係る配当等については確定申告不要制度が設けられています。