不動産所得

不動産所得とは、土地・建物・不動産の上に存ずる権利・船舶航空機などの貸付け・借地権などの設定によって得た所得をいいます。不動産所得の計算式は総収入金額-必要経費で、総合課税となります。不動産所得の総収入金額には、不動産の貸付に際して受け取る権利金・頭金・更新料・名義書換料も該当し、経費には、管理費・修繕費・租税公課・損害保険料・借入金の利子・減価償却費などが該当します。ただし、借地権等の設定により一時に受ける権利金・頭金等については、譲渡所得・事業所得に該当するものがあります。ただし、下宿等のように食事を供する場合の所得・保管責任を負う時間極駐車場の所得は、事業所得・雑所得になり、不動産所得には該当しません。