山林所得

山林所得とは、山林を伐採して譲渡したり、立木のままで譲渡したりすることで生じる所得をいいます。ただし、山林を山ごと譲渡する場合の土地の部分は譲渡所得となり、また、山林をその取得の日以後5年以内に伐採・譲渡することによる所得は事業所得・雑所得となり、山林所得に該当しません。山林所得の所得金額は、総収入金額-必要経費-特別控除額(最高50万円)で、申告分離課税となります。山林所得の課税額は、5分5乗方式であり、以下の算式により計算されます。

 

 ・山林所得の税額計算

  ①山林所得金額÷5=A

  ②A×所得税の超過累進税率=B

  ③B×5=山林所得の税額