2011年

7月

27日

一年基準

一年基準とは、貸借対照表の流動・固定計上区分を分ける基本ルールのことで、ワン・イヤー・ルールとも呼ばれます。一年基準は決算期の翌日から初めて、1年以内に回収や支払いができるかどうかによって分類されます。1年以内に精算または期限が到来する資産・負債をそれぞれ流動資産・流動負債とし、1年を超える資産・負債は固定資産・固定負債となります。ですが実際には、もう一つの流動・固定計上区分を分けるルールである正常営業循環基準と一年基準を組み合わせて流動固定分類が行われています。