2013年

6月

24日

民主党惨敗・・・

こんにちは。税理士の武田です。経理とは関係ありませんが、昨日は東京都議会選挙でした。なんと、第一党であった民主党が第4党まで議席を落としたそうです。自民党の圧勝は致し方ないにしても、共産党にすら議席数を追い抜かれたというのは驚きです。投票率の低さが災いしたのでしょう。もともと公明党や共産党は大部分を固定層からの集票と考えられるので、投票率が低ければ、おのずと当選確率は高くなります。

さて、今回の東京都議会選挙は来月の前哨戦と位置付けられ、国会議員の先生がたもかなり力が入っていたように思います。東京都といえ、一地方自治体にすぎないはずですが、大阪から傍観している限りでは、国政選挙のような様相があったように思います。何か、論点がアベノミックス批判や憲法改正など、明らかに、安倍総理の狙い撃ち的な批判が多くありました。東京都には関係がないと思いますが。

それはともかく、民主党は今後、再起出来るのでしょうか。国会議員に限らず、都議会議員も選挙が勝てないとみて、多くの現職議員が去って行ったそうです。そのスタンスにも問題はありますが、選挙に通らなければ、それこそ路頭に迷う議員にとっては、死活問題です。党首の海江田さんは、史上最大規模の詐欺事件とされる安愚楽牧場事件の広告塔として大勢の被害者を出してきた張本人として批判をうける始末です。東京都に限らず、前回の選挙で民主党から当選した地方議員は本当にやってられないというところかもしれません。